スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
エフェクターを使う事は悪いこと?
 ズバリ言います。「悪いことではありません」

 エフェクターの音色でフレーズが浮かんだり、そこまでいかなくても弾くのが楽しくなるのであれば、どんどん使ってもいいと思います。

 でも、自分のギターの腕前があまり上手くないのを隠すために使うのはやめましょう。

 例えば、ピッキングが上手くないので、どうしてもムラがでてしまう場合があるとします。
 そんな時にピッキングのツブをそろえる「コンプレッサー」や「リミッター」を使う手もありますが、それではいつまでたってもきちんとしたピッキングは身につきません。
 ピッキングには粒をそろえるだけでなく、強弱をつける必要もあります。
 そんな時にはコンプやリミッターを使わない方がいいのは明白ですよね?

 また、チョーキングの音程が不安定になりがちだからといって、コーラス、リバーブなどの空間系を使ってごまかすのも考えものです。
 コーラスはピッチを変化させますし、リバーブは音の輪郭をぼんやりさせる効果もありますので、つい頼ってしまいがちです。
 でも、ギターの音をしっかり聞かせたい場面でこれらのエフェクターを使ったりしたら、なんにもなりませんよね?
 もっとも、薄くかけている分にはあまり問題はないかもしれませんが、極力頼らない方が自分のためになります。

 こうした事を心がけたうえでエフェクターを使えば、より楽しい演奏が出来ると思います。

 私はいろいろエフェクターを持ってはいますが、実はエフェクターを使わない「アンプ直」の音が好きだったりします(笑)。
スポンサーサイト


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。