スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
ARIONとコーラスと私
 久しぶりに立ち寄った小さな楽器屋さんの隅っこにアリオンコーナーがありました。前に寄った時にはなかったのにな・・・・・・どういう風の吹き回しでしょうか(笑)。

 詳細は知りませんが、「アリオン」というブランドは’80年代の後半には存在していたようです。その当時では珍しく(というか今も珍しいが)空間系のみならず歪みものにもステレオアウトを設けていたという、なかなかに先進的なところでした。
 もっとも、ステレオアウトとはいえ、実際には「原音とエフェクト音が別々に出力される」みたいでしたが
 (参考文献 シンコーミュージック『世界のエフェクター大図鑑』)
 
 小生がギターを弾き始めたのは’90年代の前半でしたが、それ以来ネットをはじめた数年前まで寡聞にして「アリオン」の存在を知りませんでした。
 「値段が異様に安い割に使えるコーラスエフェクターがある」との情報をあちこちで見かけたもので、気にはなっていたのですが、売っているお店はありませんでした。
 ネットで通販しているところもありますが、正直「そこまでして買うほどでもないな~」と思っていたもので(失礼)

 そうこうしているうちに上記のようにアリオンのエフェクターと出会ったわけですが、やはり初め見たときは驚きましたね。
 「値段、安っ!」
 ネットでも値段はある程度知っていたにも関わらず、です。

 結局買ったのは「STEREO CHORUS(SCH-Z)」のみでしたが、これが結構お気に入りなので、他のも買おうかな~、と思ってます。
 次は「TUBULATOR」かな(笑)

 P.S.
 保証書には「有限会社 上野開発センター」なる会社名があり、住所は「愛知県春日井市」とありました(電話番号も記載されてます)。
 これまた謎の多い(?)ブランドというか、会社ですね・・・・・・
スポンサーサイト


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。