スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
ELECTRO-HARMONIX DELUXE MEMORY MAN(リイシュー)
dxmemoryman.jpg

 大きいです(笑)。さすがエレハモ。

 基本的にはアナログディレイですが、「ピッチモジュレーション」機能の存在によりコーラス、ビブラートとしても利用できる変り種です。

 ディレイタイムは約400ミリセカンド、と往年のアナログディレイの標準よりはわずかに長いですが、短く感じてしまいます(笑)。
 ディレイ音は結構クリアーです。大げさに言えばデジタルディレイ並み、といっても良いかも。
 でもちゃんと(?)ディレイ音はこもっていきますが。

 「LEVEL」つまみで入力信号量を調節できるのですが、ちょっとやっかいといえばやっかいかもしれません。
 最適なセッティングにしないと、音が歪んだり小さくなったりするからです。
 わざと歪んだ状態で使うと、こわす恐れがあるのでやめた方が無難かもしれません。

 これは発振させることも出来ます。できますが、気をつけないとアンプを飛ばすので気をつけましょう。

 「CHORUS/VIBRATO」つまみは、ディレイ音にかけるモジュレーション量の調整で、上げるほど音程変化は大きくなります。
 ちなみにモジュレーションの速さは本体上部の「CHORUS VIBRATO」スイッチで切り替えます。「CHORUS」ではゆっくり、「VIBRATO」でははやくなります。
 つまみを上げすぎるとヘロヘロの音になります(笑)。

○メモ
 定価 42,000円(税抜き)
 販売期間 ?~現行品
 電源 電源コードが本体に付属(電池使用不可)

スポンサーサイト
2005.05.05(Thu) 08:14 | 空間系 | Trackback(0) Comment(0)


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。