スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
ELECTRO HARMONIX SMALL CLONE ( EH 4600 FULL-CHORUS)
 このスモールクローン、コントロールはうねりの深さを変える「デプス」スイッチとうねる速さを変える「レイト」つまみの2つ、とシンプルなつくりです。

 「デプス」はスライドスイッチで、下のときは爽やかなコーラス効果が得られます。
 この時は、「レイト」つまみを真中から右側にすると、エフェクトがかかっているのを実感できます。
 あまり右いっぱいに回すとビヨヨヨ~ンてな感じになり、トレモロっぽくなりますけど。

 一方、「デプス」を上にすると、うねりが深くなります。
 この場合は「レイト」をあまり上げ過ぎない方がいいです。
 真中から右側では結構エグイ感じになりますから。
 
 さてこのエフェクター、少し音ヤセが気になるほうではあります。
 音量がやや下がると言うか・・・・・・
 まあそれほどひどくはないので、アンプの音量を上げ気味にするとかで問題ないでしょう。

 オンオフを切り替えるフットスイッチは強く踏み込まないといけないのですが、頻繁に踏んでいるとボディがめりこまないか心配。

 電池交換は小さなプラスドライバーを使います。それはいいとして、ふたの裏に電池を挟み込む金具があるのですが、結構きついので、はめ込むのに苦労するかもしれません。力もコツも必要です。

 アダプターは「9V 100ma tip-positive AC adapter」(英文説明書より)を使う必要があります。先端がプラスのものです。
 ボスのは形が違うので使えません(変換プラグが必要か?)。私はアダプターで使っていませんが。

 エレハモ独特の木箱に入っていて、ラムズヘッドのイラストとエレハモのロゴが入ったステッカーもついてます。アメリカのメーカーはステッカーをつけるのが好きみたいですね(ダンエレクトロにも付いてましたし)。日本のメーカーも頑張って欲しいです(笑)。 
スポンサーサイト
2005.04.03(Sun) 19:17 | 空間系 | Trackback(0) Comment(0)


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。