スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
SCHECTER THE TREMBLER
 久々の更新です…

 今から十年位前、シェクターから「ザ・トレンブラー」という名前のエフェクターが売られていました。
 名前からも察せられるように要はトレモロです。
 ただ、当時は興味もなくスルーしてしまいましたが…
 どうやらこの「ザ・トレンブラー」、あっという間に生産中止になったらしく、その後見かける事はありませんでした。

 それがつい数年前、限定ながら復刻されました。
 どうやら外見は以前のものと変わりないようですが、『ギターマガジン』2002年2月号の「新・六弦学舎 エフェクター☆A GO!GO!」によると、


 機能も音色もそのまま。また、初期生産時にケース内部で分離されていた基板も1枚の基板に緻密にまとめ上げられ、耐久性も向上しているようです。


 とありますので、より使い勝手が良くなっている、ということでしょう。

 前ふりが長くなりましたが、今回私が購入したのは、この復刻版です。
 (中古で購入したのですが、保証書には2003年12月と記載されていました)
 ちゃんとトレモロしているのがうれしいですね。
 音量も上げ下げできるので、音やせに困る事もありません。
 むしろ、必要以上に大きくする事も出来ますw

 スピードは、赤色のLEDでも視覚的に確認できます。
 更には、外付けのペダルをつなぐことで、スピードを滑らかに足元で変化させる事も出来ます(ユニヴァイブ的)。
 外付けペダルを使わなくても、外付けペダルのオン・オフ切り替えスイッチにより、スピードを約半分にする事も出来ます。
 これは、便利なのかどうかは使う人次第ですが…

 電池でもアダプター(センターマイナスの9V)でも使う事が出来ますが、電池では4本のねじをドライバーを使って開け閉めする必要があるので、ちょっと困りますかね…

 つまみのトルクは軽めなので、セッティングを固定したければテープは必須です(ヴードゥー・ヴァイブほどではないですが…)
 
 説明書にはサンプルセッティング図が載っていますが、正直使えな(以下略)。
 自分で心地よい揺れを探しましょう。

 限定生産な上、お高いのが難点ですが、音量が下がるのを気にすることなく(むしろ上げる事も可能)使えるのは嬉しいです。 
スポンサーサイト
2006.07.09(Sun) 00:13 | 空間系 | Trackback(1) Comment(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。