スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
WASABI CHORUS-TREM AC-1
Pictwasa.jpg

 「WASABI」なるブランド名ですが、実際はダンエレクトロが関わっているようです(本体横に「Danelectro」のロゴあり)。

 コーラスとトレモロが一つにまとまってます。
 何故にコーラスとトレモロを一緒にする気になったのか分かりませんが、これはこれでユニークだからよしとしましょう。
 それぞれを単体で使用できるのはもちろん、二つを同時に使うことも可能です。

 原音とエフェクト音を任意の割合でミックスできる「ミックス」つまみのおかげで、エフェクト音を薄くかけたり強調したり出来ます。 

 コーラスもトレモロも、音は割と普通・・・ですね。
 妙な癖はない方なので、使いやすいと思います。

 面白いのは、音質の調整はプリセットされた4つのうちから選ぶ、という方式が採られていることです。
 番号ごとの音色を簡単に挙げると

 1.低域、中域はそのままで高域を上げる
 2.高域以外の音域は下げる
 3.低域以外の音域は下げる
 4.中域、高域はそのままで低域を上げる

 こんな感じになります。
 だから、1と4では若干音量は上がる感じがします。
 2ではカキカキした固めの音、3ではモコモコした感じになりますね。
 
 特に音色を変えたくない場合のために、「フラット」なる設定もあるのでご安心を。

 もう一つ面白い点は、最適な効果を得るため、使用ギターのピックアップの種類に応じた切り替えスイッチがあることです。
 「シングル」では音が大きくなり、「ハム」では音は小さくなります。

 ただ、説明書によると「ハムのポジションにしても、高出力ピックアップの特性によって、入力段階でハーモニックスをともなった若干のひずみが発生する場合があります」とのことです・・・
 大きくも小さくもしたくない場合のために「オフ」ポジションもあります。
 気が効いてます。

 コーラス、トレモロは個別のスピード、深さの設定が可能ですが、ちょっと問題が一つ。
 二つのつまみは上がトレモロ用、下がコーラス用と2段式になっているため、下の方が調整しづらいのです。このへんちょっと詰めが甘いですな。
 下の画像で手前側左右のつまみが問題の(笑)2段式つまみです。
 白い線の位置が上下でずれているのが分かるでしょうか・・・?
Pictwasaup.jpg


スポンサーサイト
2005.07.17(Sun) 23:33 | 空間系 | Trackback(0) Comment(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。