スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
ファズ・フェイスTシャツ!
 最近はエフェクター自体から離れた話題が続いてますが、いってみましょ~。
 本日ご紹介するのは、ファズ・フェイスがプリントされたTシャツです。

 ファズ・フェイスはジミ・ヘンドリクスが使用していたことで知られるエフェクターですが、二つのつまみが目、フットスイッチの下の弧を描いた部分(メーカー名が書かれてます)が口に見えるところからファズ・「フェイス(顔の意)」と付けられたみたいです。

 そうしたデザインを活かして、Tシャツにプリントされたファズ・フェイスのイラストはより「顔」の感じを強調したものになってます。
 やけに口の部分が大きくなっているあたりはご愛嬌。
 (画像小さくて見えにくいかもしれませんが・・・・・・)
fuzzfaceminis.jpg


 ちなみにイラストの下には
  「This classic fuzz box used by
      Jimi Hendrix and other
       legendary rockers
      of the 60's and 70's.」
 と書かれてます。ちゃんとジミの名前を出すあたり、ツボを心得てますね(笑)。

 メーカー(現在はジム・ダンロップ社)の許可を得ているようで、タグにも「ジム・ダンロップ」の名前があります。

 エフェクターをモチーフにしたTシャツ自体、あまり目にする事はないですが、これは普通の服屋さんで売られてました。
 他にも「MXR」のロゴが入ったものなどもありました(これは未購入)。

 エフェクター好きの方は、堂々とプリント面を見せて着るもよし、さりげなく見せるもよし、いかかでしょうか?
スポンサーサイト
愛しのエフェクター達
 いろいろあるので迷いますね(笑)。気分次第で変わるので、思いつくままに挙げていきます。詳しい感想は各記事を参照にして下さい。
(機種名をクリックすると、別ウインドウが開きます)

 ○空間系
 ・DANELECTRO SPRING KING
  マイルドクリーミーな黄色という外見からしてお気に入りですが、コンパクトサイズでほぼ唯一の本物のバネ入りのリバーブなのです。
 これがあればサーフミュージックの雰囲気が手軽に楽しめます。
 ・MAXON STEREO CHORUS (CS505 リイシュー)
  これを使えばきらびやかで広がりのある音が出せます。
  手のひらサイズで軽いのも嬉しいところ。
 ○歪みもの
 ・IBANEZ  TUBE SCREAMER (TS-808 リイシュー)
  使っているギター(ストラトキャスター)との相性はかなりいいです。特にフロントピックアップのときにこれを使うと音のツヤがでて素晴らしいです。
 ・BOSS OVER DRIVE(OD-3)
  アンプはクリーンでこれで歪ませると適度にざっくりした音になり好みです。
 ○その他 
 ・VOX V847(ワウペダル)
  シンプルですが、それがまたいいのです。
  ジミ・ヘンドリクスごっこには欠かせません(笑)。

 今はこんな感じですが、また時が経てば変わるかもしれません。

 あなたにとっての「愛しのエフェクター」はなんですか?
 あればこっそりと(笑)教えてください。 
BOSS HI-BAND FLANGER(HF-2)
PICThf2.jpg

 この「ハイバンドフランジャー」、通常のフランジャーよりも1オクターブ高い帯域にエフェクトをかけることで爽やかな効果を得られる、との事です。
 そのためか、確かに爽やかというか、あっさりした感じの音ですね。
 もちろん深くかかる設定にすれば深くはなりますが、何と言うか、非力な少年が精一杯頑張っているがやはり非力さは否めない、そんな感じですか(どんな感じや)。

 「歪みものとの相性は今ひとつ」と言われてますが、確かにそう感じますね。
 やはり通常よりも1オクターブ高い帯域にエフェクトをかける(つまりそれ以外の帯域ではかからない)からでしょうか?
 そのかわり、クリーントーンでは問題ないですね。
 普通のフランジャーではかかりが強すぎる、と思う場合にはいいかと思います。

 既に紹介した「マクソン FL-301(18V)」とも似た感じのかかり方ですが、「ハイバンド~」の方が音の輪郭はくっきりしていて、きれいな感じです。

○メモ
 定価 14,500円
 販売期間 ’85.10~’95.2
 電源 9V電池1個orACアダプター 
2005.06.11(Sat) 19:40 | 空間系 | Trackback(0) Comment(0)
BOSS SUPER Feedbacker&Distortion(DF-2)
 Pictdf2.jpg

 実にユニークですね。これは。
 ディストーションとフィードバックを模した機能を一緒にしたエフェクターです。
 「フィードバック」機能ですが、ペダルを踏みつづけることで延々と音を伸ばしつづける事が出来ます。しかし、ペダルを踏むタイミングにはやや慣れが必要ですね。
 音を出した直後に踏まないと上手く音が伸びてくれません。
 あと、不要な弦をミュートしておかないと、目的の音以外の音が伸びてしまってなんとも間抜けです(笑)。
 どうやら単音のみに対応しているようで、コードを鳴らした直後にペダルを踏みつづけると、鳴らした音のどれか一つが伸びます。

 フィードバックの音色は連続化変のつまみで調整できますので、実音に近い音程から裏返った感じまで好みの音が出せます。
 もしくはつまみをグリグリ回して音色を変化させて遊ぶ事も出来ますが、ペダルを踏みながらこれをやるのは少しつらいかも?

 ディストーションの方ですが、可も不可もない、普通のディストーション、ってな感じですかね。
 強烈に歪むでもないですが、そこそこは歪んでくれます。
 トーンの効きも鋭く思えますが、真中から右側だとローが削れて芯のない音に感じられます。このことを考えると、9時から10時の間に調整するのがいいかな?
 
 言うまでもないですが、本物のフィードバックを出せる状況にあるならば、このフィードバック機能は無用の長物と化す恐れがあります(笑)。

 発売当初は「スーパーディストーション&フィードバッカー」と名付けられてましたが、ディマジオ社が「スーパーディストーション」を商標登録していたため、「スーパーフィードバッカー&ディストーション」と変更された経緯があります。

○メモ
 定価 12,500円
 販売期間 ’84.9~’94.4
 電源 9V電池1個orACアダプター
2005.06.04(Sat) 21:11 | 歪みもの | Trackback(1) Comment(2)
BOSS DIGITAL REVERB( RV-5)
rv5.jpg

 ボスのコンパクトでのデジタルリバーブ第三弾です。
 以前の機種はディレイも付いてましたが、今回はリバーブのみです。
 それだけなら単なるパワーダウンですが、新たなモードが2つ追加されていて、それが(少なくとも私にとっては)非常に魅力的なモードなのですよ!

 追加されたモードの1つ目は「スプリング」です。
 説明書には「アキュトロニクス社製スプリング・リバーブをモデリング」とあります。
 私はその「アキュトロニクス社製~」の音は聞いたことがないのですが(汗)、スプリングリバーブ特有の「ピシャピシャ音」は出ます。
 ダンエレクトロの「スプリングキング」と比べると若干の物足りなさはありますが、とりあえずピシャピシャ音は出ます。
 同じデジタルものの「スプリングリバーブ」を名乗るもので、某E社の「ホー○ーグ○イル」(一応伏字)もありますが、相当力強くピッキングしてようやくピシャっというかいわないか、という程度だったことを思い出すと、かなり良い方です(かつて持ってました。「○ーリーグレ○ル」)。

 2つ目の追加モードは「モジュレーション」です。
 リバーブでモジュレーションとはピンときませんが、説明書によると「ホールの残響にゆらぎを加えることにより、非常に心地よい残響音が得られる全く新しいリバーブ」とのことです。
 「全く新しいリバーブ」とはなんとも大胆なコメントですが、実際に聞いてみると、独特の浮遊感はありますね。
 リバーブに微妙なかかり具合のトレモロが加わっている感じです。
 よく聞くとピッチもわずかに上下しているような気がしますが、気のせいかな?
 
 他のモードもなかなかいい感じの響きで、私は好きですね。
 ただ、「ゲート」モードは残響が突然断ち切られるので(だからゲートなのでしょうが)、初め聞いたときは「故障か?」と思ってしまいました(笑)。

 新たに加わったモードも含めて、もっと評価されていいと思うのですが、ディレイがなくなった時点でマイナス、と見るむきもあるのでしょうね。
 それなりにスプリングリバーブの感触が出せる時点で私にとっては合格点なので、「スプリングキング」の牙城が脅かされてます(笑)。

○メモ
 定価 オープンプライス(実売価格 15,000円前後)
 販売期間 ’02~現行
 電源 9V電池orACアダプター(PSA-100)
 消費電力 50mA
2005.06.03(Fri) 20:35 | 空間系 | Trackback(0) Comment(0)
音やせ
 エフェクターを使っている人なら、耳にしたことがあるであろう言葉、「音やせ」。
 一つでもエフェクターをつなげば起こるこの現象ですが、ワウペダルでは特に気になるものでした。
 そのせいか、最近では音やせの起こりにくい「トゥルーバイパス」を施したものも多くなってます(VOXのV848もそうですね)。

 さて、これからは私がワウペダル(VOXのV847)を手に入れて間もないころのお話です。
 友人が、ワウの音を聞きたいから、ギターとワウとアンプを持って遊びに来てほしい、と言いました。
 しかし、当時自転車しか交通手段のなかった私は(実は今も。笑)、友人の家までアンプを持っていくのは無理でした。
 今なら電池で動く手のひらサイズのアンプもあるので、問題なかったのですが、当時(10年程前)はその存在を知りませんでした。

 そこで、ギターとワウのみを持って友人の家へ行きました。アンプ代わりにラジカセを使うことにして。
 それでまあ、ワウをつないだギターをラジカセにつないだのですが、音が出ないのです。
 オンにしようがオフにしようが音が出ません。出るにしても殆ど聞こえないのです。
 ワウの電池は新品なので電源の問題ではありません。
 結局、ワウの音を聞くのは諦めざるを得ませんでした。

 かなり後になってから、その原因がワウペダルの音やせだと知りました。
 何でもワウのインプットのインピーダンスは普通のエフェクターのそれよりも低く設定されているので、ギターのアウトプットのインピーダンス(高い)とうまくマッチングせず、それゆえに音やせが起きる、とのことです。

 これを回避する手っ取り早い方法は、ワウの前に電子式のスイッチを持ったエフェクターをつなぐ、というものがあるそうです。
 電子式スイッチのエフェクターは、高いインピーダンスで受けて、低いインピーダンスで出してくれるので、ワウのインプットの低いインピーダンスと合いやすくなるとのことです。

 もっとも、その当時自分が持っていたその他のエフェクターはジムダンロップのファズフェイスでしたが、それでも大丈夫だったのでしょうか。ちょっと疑問です(ファズフェイスは手放してしまったので、試しようがないもので・・・・・・)。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。