スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
DANELECTRO DAN-ECHO (DE-1)
danecho.jpg

 エコーとありますが、要はディレイです。
 ディレイタイムは最長約1秒。
 スイッチでショートディレイとロングディレイを切り替える事ができます。

 面白いのは、「ハイカット」なるつまみ。
 これにより、ディレイ音をこもらせることも、くっきりしたディレイ音にする事も出来ます。
 ただ効きは鈍いです。
 もう少し微妙なセッティングができれば、アナログディレイ的な音もだせるはずなのですが、それは無理みたいです。

 メーカー(ダンエレクトロ)の宣伝文には「テープエコーをシミュレートする事もできる」みたいなことが書かれてましたが、本物のテープエコーを使った事はないのでなんともいえません。

 説明書には14種類のサンプルセッティングが載っていて、その中に「テープエコー」のセッティングもあります。
 こうすると、ディレイ音はすぐにもこもこしたものになります。
 これがテープエコーの音なのでしょうかね?

 電池で使う事もできますが、あっという間になくなります。
 素直にアダプターを使いましょう。
 ダンエレクトロのアダプターが推奨ですが、ボスのも使えます。

 オンにすると、なにやらわずかながらですがノイズが気になります。 そのノイズは「スピード」つまみで音程が変化します(笑)。

 あと、アウトプットは一つだけです。
 今時のディレイでは珍しいですね。
 (マクソンのAD-900も一つだけですが)

 上品な藤色なのもいいですね。
 ダンエレクトロのロゴステッカーも付いていて、なんかお得です(笑)。
 さらには、小さな乾燥剤まで入ってます。
 エフェクターに対する気配りは万全です。
 正直、意味があるのかわかりませんけど(笑)。
スポンサーサイト
2005.03.30(Wed) 21:38 | 空間系 | Trackback(0) Comment(0)
BOSS DUAL OVERDRIVE (SD-2)
Pictsd2.jpg

 「クランチ」と「リード」なる二つの歪みのキャラクターの異なるモードをそれぞれ別々に設定できて、本体のみ、もしくは別売りのフットスイッチを踏む事で両者を切り替えて使える便利もの。

 「クランチ」はオーバードライブ的ですが、「リード」はディストーション的な音です。
 どちらか一方のみを使う事も可能ですが、それではこのエフェクターの魅力は半減です。
 やはり二つのモードを状況に応じて切り替える使い方が良いかと。
 設定次第では、両モードの音の差を縮める事も可能ですが、それでは意味ないですね(笑)。

 「クランチ」はドライブを上げればそれなりに歪みは強くなりますが、12時辺りで止めるのがいいかも。
 「リード」は太い音で、サステインも伸びます。でも、これもドライブは12時辺りで止めるのがいいかな?
 というのも、ストラトだと(特にフロントピックアップ使用時)芯のないボワっとした音になるので。
 
 ちなみに私は「クランチ」の音が好きです(「リード」の存在意義は?)。
 しかもドライブは控えめでブースター的に使うのが結構好きです(このエフェクターを使う意味は?笑)。
2005.03.27(Sun) 21:25 | 歪みもの | Trackback(1) Comment(0)
VOX V847
index_pic.gif

 ワウペダルの定番的機種ですから、何を書けばよいやら。

 シンプルです。
 ワウ機能のみです。
 周波数を調整するつまみの類もありません。
 歪みものも備わってません。
 でもワウらしいワウサウンドがでます。それでいいじゃないですか。

 かかと側を踏み込んでもこもりすぎず、つま先側を踏み込んでも耳に痛い高域にはなりません。

 オフ時の音やせは少し悲しくなるものがありますが、オン時にはそれまでの大人しさ(?)から一変、抜けのいい音になります。

 ペダルストロークの幅はさほど広くはないので、微妙なコントロールには向いているかと思います。
 チャカポコさせるにも、特に問題はない範囲だと思いますが、人によっては物足りないと感じるかも?

 本体もペダルも金属なので丈夫です。頼もしいです。
 その代わり重いです(笑)。
 ソフトケースも付いていて、ちょっとお得かも。

○メモ
 定価 オープンプライス(実売価格 16,000円前後)
 販売期間 ’93.秋(?)~現行品
 電源 9V電池1個(アダプター使用不可)
MAXON STEREO CHORUS (CS-550)
PICTcs550.jpg

 エフェクト音は、割と高域が出る方です。
 同社のCS505(リイシュー)よりはやや高域は控えめですが。
 オンにすると太い音になる感じです。その辺が好きだという方もいるでしょう。

 それはさておき、なかなか曲者なコーラスです。

 まずは「M-LEVEL」の存在。
 原音とエフェクト音のミックスバランスを調整するためのつまみですが、かなり小さく、出っ張り具合も少ないので、スムーズな調整は困難です。
 なぜにこんな操作しにくいつまみなのだろう、と思っていたら、説明書にこうありました。
 「通常ボリュームを右いっぱいに回しきった位置でダイレクト音:モジュレーションサウンドの比が1:1で使用します(後略)」
 この文から、開発者は原音とエフェクト音を同じ割合で使ってもらう事を前提としていたようです。
 でも、誰かが「ミックスバランスを変えられるといい」とリクエストしたのでしょう。だからこのつまみが付いたと思われます。

 お次に「スピード」。左に回しきった位置から1時くらいまでは穏やかな変化ですが、1時を過ぎると急にスピードが速くなります。
 そこからは右に回しきるまでは、あまり変化しません。
 以下で述べる「D-TIME」と実は連動していたりします。

 「デプス」はモジュレーションの深さを調節するもので、これは特に問題はありません。
 まあ、あまり上げ過ぎない方がいいかも?

 さて、最後に控えしは「D-TIME」。
 上手く設定しないと大変なことになります(笑)。
 左に回しきると、フランジャー的な音になり、右へ回しすぎるとグワングワンというか、へロンへロンというか、二日酔いになった音になります。
 コーラス的な爽やかさを得るなら、せいぜい1時・・・・・・いや、12時あたりまでにするのが無難です。
 面倒なら10時辺りにしておけばいいでしょう(笑)。
 でも、「スピード」つまみとセットで調節する事を意識すれば、音作りの幅が広がります。
 「スピード」を上げるなら「D-TIME」は下げ気味、
 「スピード」を下げるなら「D-TIME」は上げ気味、
 このことを気をつけていれば、割と問題ないと思います。
 
 一度生産中止になったのですが、最近(まさに今ごろ?)トゥルーバイパス仕様になった復刻版が出たようです。
 お値段はややお高くなりましたが。

○メモ
 定価 18.000円(税抜き)
 販売期間 ’95?~’03.4
 電源 ACアダプターAC210(DC10V 200mA) 電池使用不可
 消費電流 21mA(DC10V)
 備考 ACアダプターAC210付属
2005.03.27(Sun) 16:56 | 空間系 | Trackback(0) Comment(0)
FENDER MINI TWIN (MT-10)
PICTminitwin.jpg

 9V電池1個で動く手のひらサイズのミニアンプです。
 3インチのスピーカーが2発入ってます。伊達にツインを名乗ってはいません。
 もっとも、それが音に何らかのメリットをもたらしているかどうかは不明ですが(笑)。
 ステレオ出力ではないので、念のため。
 出力は1Wですが、家で使う分には充分の音量です。

 電源のオンオフを切り替えるつまみのほか、音を調節する3つのつまみがあります。
 1 ゲイン
 これでクリーンからハードに歪んだ音まで調節可能ですが、歪ませるなら3か4でやめた方がいいかと思います。
 それ以上はちょっと「う~ん」ってな感じの歪みになってしまいます。
 クリーンで使うなら、1(最小)よりも2(音量が大きくなるかならないかギリギリのところ)にするのが良いでしょう。

 2 ボリューム
 文字通り音量を調節します。家で弾いていて10にしたら、苦情がくるかもしれませんので気をつけて下さい(笑)。

 3 トーン
 音質を調整するのですが、ちょっと特徴があります。
 説明書によると、「中音域を中心に全体の音質を広範囲に変化させます。」とあります。
 「5」の位置では、高域もくっきりでる音になります。これが基本のポジションになるかと思います。
 1から4の辺りでは、やや中域にピークがある音になります。
 6から10になるにつれ、こもった音になります。高域がカットされるのでしょうか。
 
 これを買う前にマーシャルの電池駆動のミニアンプを持っていたのですが、電池の減りは早いし、エフェクターとの相性もイマイチ(不本意な音の割れが出た)だったので、手放してしまいました。
 その点これは、エフェクターとの相性も良いものがあり、音もお気に入りです。電池の持ちもいい方だと思います。
 (具体的に連続何時間使えるかは分かりませんが)

 オペアンプに「JRC4558DD」が使われていますが、果たしてこれがどう音質に影響しているのかは不明です。
2005.03.27(Sun) 15:48 | ミニアンプ | Trackback(1) Comment(6)
MAXON STEREO CHORUS (CS505)
PICTcs505.jpg

 このコーラス、1998年に発売されたリイシューです。
 ただ、オリジナルは18V使用なのに対して、リイシューは9Vになってます。
 これだけでもう完全復刻とは言えないわけですが、現代風にアレンジした「プチリイシュー」もしくは「復刻風」と思えば問題ない・・・・・・はず。

 エフェクト音は高域がしっかり出て、きらびやかです。
 「スピード」は右に回しきってもさほど早くはなりませんが、問題ないでしょう。
 「ウィドゥス」も極端なうねりにはならないのが奥ゆかしいです。
 
 かかり具合は控えめでありながら、高域が出ている事で存在感のある音になっている、そんなエフェクターです。

 コンパクトなのはいいですが、とても軽いので、ライブで使う際は動かないように固定する必要があるでしょう。
 一応すべり止めのゴムシートも付属してますが、これだけでは心もとないですし。

 心地よくさわやかな揺れは、いつまでもかけっぱなしで弾いていたい、と思わせるほどお気に入りです。
2005.03.27(Sun) 15:22 | 空間系 | Trackback(0) Comment(0)
DANELECTRO DAN-O-WAH (DW-1)
PICTdanwahup.jpg

PICTdanwah.jpg

 車の形をしたワウペダルです。’40年代、’50年代のアメ車を意識したみたいです。
 一見受けねらいのエフェクターですが、結構実力派で多機能です。

 A 6種類のワウサウンド
 「そんなにあるの?」と思う方もいるでしょうが、あるんですよ。
 まず大まかに2種類あり、それぞれに3種類の周波数調整のボタンがあるので、「2×3=6種類」のワウサウンド、というわけです。
 「大まかに2種類」とは、
  1「60’sロック」
  2「70’sファンク」
 で、1は中低域にピークがあり、2は高域にピークがあります。
 「それぞれに3種類の周波数のボタン」とは、低域、中域、高域に範囲を微調整できるボタンです。
 ま、微調整というだけあって、音の変化は微妙ですが(笑)。
 実質2種類のワウサウンドといってもいいかも(笑)。

 ちなみに1と2のどちらを選んだかは、ペダル後部のテールランプ(笑)を模したインジケーターで確認できます。
 色の違いで、ワウのオン、オフも分かります。便利ですね。

 B ディストーション内蔵

 結論から言うと、ディストーションというよりはファズです。
 強烈に歪みます。
 しかも、歪みの量、音量の調節は不可です。潔すぎです(笑)。
 更に、「オクターブスイッチ」をオンにすることで、アッパーオクターブも出せます。
 ただし制約に近い条件がありますが。
 ギターのピックアップはフロントを使い、ポジションは12フレット以降の1,2弦でないとそれらしい音は出にくいです。
 
 ディストーション使用時は、ペダル後部の真中の「D」マークが光ります。「ダンエレクトロ」と「ディストーション」の頭文字の「D」をかけているのでしょうか?芸が細かいですね。

 これだけ多機能で実用的なエフェクターですが、ちと気になる点があります。ペダルがプラスチックなので、耐久性に不安があるのです。
 これさえなんとかなっていればパーフェクトだったのですが・・・・・・
 (調整不可のディストーションも問題ですが。笑)
 
DANELECTRO SPRING KING (DSR-1)
spking.jpg


 「スプリングキング」という名前からも察せられるように、スプリングが入ってます。
 つまみはボリューム、トーン、リバーブの3つ。

 「ボリューム」はエフェクトの音量を調整するものではなく、使用楽器の出力に応じた入力感度の調節用。
 音量調節だったら良かったのですが・・・・・・
 というのも、オン時、特に「リバーブ」つまみを上げるほど音量が下がって聞こえるからです。

 「トーン」はそのままエフェクト時のトーン調節。
 真中から左へ回すとこもっていき、右へ回すと高音が効いた音になるのみならず、水が滴るようなピシャピシャいう音も出せるようになります。
 これこそがスプリングリバーブの醍醐味、と思い込んでいる私にはありがたい効果です。

 「リバーブ」はリバーブの深さを調節(まんまですね)。
 
 3つのつまみとも右へ回しきった状態で使うのが一番いいみたいです。
 あまりピシャピシャいわせたくなければ、トーンを1時より左にするのが良いかと。

 「キックパッド」なるものもあります。
 この部分を蹴る事で、雷のような音が出せる、とのことです。
 でも中を開けてみると、この部分には何も線がつながれてません。
 どうやら、蹴る時の目安としてつけられているみたいです。
 実際、本体のどこを蹴ってもキックパッドを蹴った時と同じ効果が得られます。
 ちなみに、雷のような音なのか、というと正直「?」ですが。

 正直、トーンの位置にかかわらず、音は固めで薄っぺらい感じがしますが、コンパクト(でもお弁当箱くらいの大きさはあります)のスプリングリバーブは今となってはこれくらいのものでしょう。
 お手軽にスプリングリバーブならではの「ピシャピシャ音」を出したい人(いるのかな?)は候補に入れても良いかと思います。
 
cover.jpg

 (おまけ・つまみを保護すると思しきカバー)
2005.03.27(Sun) 00:28 | 空間系 | Trackback(0) Comment(4)
MARSHALL THE GUV'NOR(KOREA)
PICTguv.jpg

 普通は1つのトーンつまみがベース、ミドル、トレブルと3つあります。
 それだけに、事前にしっかりと音作りのイメージを浮かべておかないとなかなか大変なことになります(笑)。   
 セッティングに手間取るなら、奥の手(手抜きにあらず)、3つとも真中(12時)にするのが無難かも?そこから必要に応じてカットするなり付け加えるとかしましょう。
 
 ゲインつまみは、ゼロから1時付近までは歪み方は穏やかです。温かみのある歪ですね。
 でも、それ以降からは急に歪みが深くなります。ディストーション的な、きめの細かい感じです。
 ややトレブリーかつワイルドではありますが、やみくもに歪ませた音でもありません。

 オフ時の音ヤセが結構気になる方ですね…
 さすがにワウペダルほどではないですが。

 「ループ」なるジャックもあり、他のエフェクターをループさせることも可能みたいです。
 「みたいです」としたのは、これ用のY字型のシールドが必要なため。持っていないもので…

 このガバナー、イギリス製と韓国製があるのですが、それぞれ音は違うという話です。
 私はイギリス製のは持っていないので比較は出来ませんが・・・
2005.03.27(Sun) 00:00 | 歪みもの | Trackback(0) Comment(0)
DANELECTRO HONEY TONE
honeytone.jpg

 9V電池1個で動く手のひらサイズのミニアンプです。
 形が昔のラジオみたいでレトロ感があふれます。
 つまみはボリューム、トーン、ドライブの3つ。
 ドライブつまみ次第でクリーントーンも歪んだ音も自在です。

 強めに歪ませた時の音は、ちょっとクセのある音ですね…
 中域が持ちあがった感じで、ほんの少しファズのニュアンスもあるというか…トーンを上げ気味(高音を強調)にすれば、つんざく感じの音が出せます。エモーショナルな演奏をしたい人にはいいのかな?

 因みに、強めに歪ませた時の音は、フェンダーのmini-Twinの歪みは比較的音の粒が細かめなのに対して、ハニートーンのはやや粒が粗めです。
 このあたり、好みが分かれるかもしれません。
 
 ストリートでの使用を考えてかベルトクリップがありますし、インプットジャックとつまみは上についてます。
 つまみのトルクは固めです。演奏中につまみが動きにくくするためでしょうか。
 アダプター(ボスのも使用可)も使えますし、ヘッドホンジャックもあります。
 説明書には15種類ほどのサンプルセッティングが載っています。

 アンプの上部には、(おそらく合皮でしょうが)ちゃんと取っ手が付いてます。
 細かいこだわりを感じますね(笑)。
 
2005.03.26(Sat) 23:44 | ミニアンプ | Trackback(0) Comment(0)
ROGER MAYER VOODOO-VIBE
vdv.jpg

 大きいです。お弁当箱みたいです。黒くて威圧感たっぷりです。
 つまみもたくさんあって(7つ)、慣れないうちは操作に手間取ります。慣れるまでの時間もかかりますが。
 ユニヴァイブを現代的にしつつ、トレモロも加えたものです。
 3つのモードがあります。
 1・コーラス
 一般的なコーラスとは異なります。フェイザーに近いです。
 スピードを遅くして、よ~く聞いてみるとかすかにピッチも上下してはいますが、やはりコーラスとは違います。
 もっとも、ユニヴァイブにも「コーラス」モードがあったので、コーラスと名づけたのでしょうが。
 「バイアス」つまみを12時前後、「シンメトリー」つまみは12時[インテンシティー」つまみは3時以降にすれば(スピードは好みで)大体ジミが出していたあのユニヴァイブトーンに近づきます。
 近づきますが、やはり何か違う感じは否めません・・・・・・
 2・ビブラート
 ピッチが上下します。でも、使いどころが難しい・・・・・・
 3・トレモロ
 音量が上下します。
 マシンガン奏法よろしく音をぶつ切りにも出来ますし、緩やかな掛かり方にして温かみのある感じも出せます。
 「アウトプット」つまみのおかげで、オン時の音量が下がることもなく(少し上げることも可能)いい感じです。

 3つのモードとも、「バイアス」つまみの位置が使いこなしのカギ、な気がします。

 大きいですが、アダプタ(ボスのも使用可)のみならず、9V電池1個でも動きます。
 ボリュームペダルをつないで、スピードコントロールも可能です。
 よりユニヴァイブの感じに近づきます。

 大きいのも気になりますが、つまみのトルクがかなり軽いのも気になります。強風が吹いたらつまみが回りそうなほどに軽いです(笑)。

○メモ
 定価 48,000円(税抜き)
 販売期間 ’95~現行品
 電源 9V電池1個orACアダプター(DC9V、センターマイナス)
 消費電力 20mA
2005.03.26(Sat) 23:19 | 空間系 | Trackback(0) Comment(0)
BOSS CHORUS (CE-2)
Pictce2.jpg

 つまみはレイト、デプスの二つのみ、アウトプットも一つだけのシンプルなコーラスです。 

 良く言えば穏やか、悪く言えば掛かりが弱い、そんな感じですね。
 経年変化でパーツがへたっているのかもしれませんが。
 もしかしたらハズレのCEー2なのかも?

 高域はさほど出ませんし、かといって中域、低域が強調されるでもないのが微妙です。もやもやした感じの音ではあります。

 レイト、デプス、どちらもフルにしてもさほどエグ味はありません。
 どちらのつまみとも12時付近で使うのが無難かと。
 爽やかさよりは穏やかさを求める人にはいいのかな?
 ただ、オンにすると音量が下がる感じがするのが気になります。
 やっぱりハズレの(以下略。笑)。

○メモ
  定価 13,000円
  販売時期 ’79・10~’82・11
  電源 9V電池1個orACアダプター
2005.03.26(Sat) 22:42 | 空間系 | Trackback(0) Comment(0)
ご意見、ご感想などどうぞ~
 当ブログについてのご意見、ご感想などあればどうぞ。
 (下の「コメント」をクリックすれば、コメントを書くためのフォームが出てきますので、そちらにどうぞ)
リンク
 私好みのサイトをここにまとめておきます。
 
 ●エフェクター関係
 ・エフェクトバカ
 サイト名はすごいですが(笑)、エフェクターなどについて、役に立つ感想があるのはもちろん、読む人を楽しませる文章もあって大好きなサイトです。
 フィルタ-(オートワウ)の充実振りがすごいですよ。
 管理人のツイードさんの書かれる文章がお気に入りで、私はこのブログを始めた次第です。

 ・EFFECTOR MANIA
 エフェクターに関する情報はここで!と言えるほど充実してます。掲示板もにぎわってます。ユーザーレビューも読み応えあり。

 ●音楽関係
 BLASTJAIL
 富良野のへヴィメタルバンド、BLASTJAILのリーダー(ですよね?)、めたりすとさんのブログです。
 バンドの活動、お仲間のミュージシャン、使用機材(ギター、アンプ、エフェクター)の紹介を中心に、飼われているペット(うさぎの「ほるほる」、数種類のかめさんなど)の紹介など幅広い内容です。
 めたりすとさんの熱い文章を読んでいると元気がわいてきます!
 一体いくつのエフェクターをお持ちなのでしょう?

 I love AD-900
 音楽大好きなcymbals6022さんのブログです。
 日々の暮らしの中で心に浮かぶきらめきや陰りを紡ぎ出してます。
 エフェクター紹介記事もあり、Boot-LegのGain Helperの紹介記事は読み応えもありますし、参考になりますね。
 心理学関係の記事もあり、読んでいるといろいろと考えさせられます。
 思索を深めたい時はよろしいかと思いますよ。

長生きの秘訣は死なない事とみつけたり!!
 EFFECTOR MANIAの掲示板、EFFECTOR BBSにてお知り合いになりました(実際にお会いしたことはないですが)カナダ在住の左通(ひだりつう)さんのブログです。
 ギター、ギターアンプだけでなくドラム、ヴォーカルアンプ、マイクプリアンプ、ベースアンプなどをお持ちで、自宅リハーサルスタジオ状態とのことです(笑)。
 機材情報は勿論、日々のいろいろ(カナダのストライキ情報は「そうなのか~」と思うこと請け合い)、(主にライトノベルの)読書感想とこれまた多彩な内容です。
 

 ●その他(エフェクターとは関係ないですが・・・・・・)
 カバヤ食品
 「ジューC」でおなじみ、カバヤ食品のサイトです。私好みの食玩を次々発売するA級食玩メーカー(勝手にそう呼ばせてもらってます)。リラックマやこげぱんやお茶犬やキティちゃんなどの食玩があって、あなどれません。自分で選べるものが多いのも良心的(ほとんどの食玩は買って開けないと何が入っているか分からないです)。
 今はパディントンものやスヌーピーものが出ています。


 
2005.03.26(Sat) 20:00 | リンク |
紹介エフェクター一覧
○紹介エフェクター一覧
 一応左の「Category」で大まかに区分けしてますが、それぞれのカテゴリーにどんな機種があるかを分かりやすくするために紹介エフェクター一覧を設けました。
 直接目的の記事へは行けませんが、ないよりましかな?と思います。
 興味のある方は、「続きを読む」をクリックしてください。
続きを読む
2005.03.20(Sun) 20:00 | 紹介エフェクター一覧 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。